ビューリンRミストセラムの副作用について調べてみた

副作用はあるの?

私は化学物質が多く含まれていると肌荒れを起こしてしまうタイプです。

なのでビューリン R ミストセラムに副作用があるのかどうかを調べてみました。

ビューリンR ミストセラムの成分を分析!副作用はあるの?

まずビューリンアールミストセラムの配合成分を見てみました。

最初の方に肌に有効な成分が書かれています。

肌が弱い人にとって重要なのは、肌に負担をかける成分が配合されているかどうかです。

パラベンが使われていない

ビューリンRミストセラムにはパラベンが使われていません。

パラベンは接触皮膚炎になる可能性があります。

接触皮膚炎になりやすい人かどうかの確認方法

確認方法として敏感な部位に塗布してみてそこが赤くならないかをチェックしてみてください。

もしパラベンが含まれているコスメを使って赤くなるようであればパラベンフリーの化粧品を選ぶようにしてください。

ビューリンアールミストセラムにはパラベンが使われていないので肌が弱い人でも安心して使えます。

エタノールが使われていない

ビューリンRミストセラムにはエタノールが使われていません。

エタノールはアルコールアレルギーの方は注意した方が良い成分です。

アルコールに弱い方がエタノール配合の化粧品を使うと塗った部分だけではなく、 顔全体が真っ赤になる症状が出てしまいます。

こういった症状が出てしまう方はアルコールアレルギーだと思われます。

アルコールアレルギーの場合は配合量が少ししかなくても症状が出てしまいます。

お酒が飲めない方はエタノールの配合の有無に注意してください。

ビューリンアールミストセラムにはエタノールが使われていないのでアルコールアレルギーがある人でも安心して使えます。

合成着色料が使われていない

ビューリンアールミストセラムには合成着色料が使われていません。

合成着色料にはタール色素といった体に悪いものが含まれています。

日本では使用が認められていても海外では使用禁止になっている怖い合成着色料もあります。

色付けが天然色素であれば体への害を必要以上に気にする必要はないのですが、合成着色料だと話は別です。

なるべく化粧品であっても合成着色料が使われていないものを選ぶべきです。

ビューリン R ミストセラムには合成着色料が使われていないので健康を害することはありません。

ビューリンRミストセラムに副作用の心配はかなり少ない

色々とビューリンアールミストセラムの成分について調べた結果、副作用の心配はかなり少ないということがわかりました。

なので肌が弱い人でも安心して使える可能性が高いです。

ただし全員が安全に使えるコスメはないです。

肌が弱い人は目立たない部分でパッチテストを行ってから使用するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました